女性の愚痴には共感姿勢とオウム返しで対応する。心の底から話を聞く姿勢が大事!

女性目線から、どういった男性にひかれるのかをお話ししたいと思います。

まず、女性は生理的に受け付けない男性、
例えば不潔とか、身なりがだらしないとか極端に太っているなどがない限り
どのような男性から声をかけられても、悪い気はしないということをお伝えしたいです。

もし、ナンパされる・声をかけられるのなら友人や知り合いがそばにいないときに話しかけてもらいたいと思います。
なぜならば、女性のうわさ話のスピードはかなり速いからです。
いらぬ噂を立てられたために、男性に好意を持っているにもかかわらず
「私は興味ないから」という態度を取らざるを得ないかもしれないからです。
女性は常に自分は特別だと思われたいと思っています。
だから声をかけられる時も、自分にだけに声をかけてもらいたいと考えています。

女性が大事にしているものに「共感力」があります。
女性は自分の話にできるだけ共感してもらいたいもの。
もし彼女が、悩み事や愚痴をあなたに話すようなことがあったら
「そうなんだ。それは大変だね」とか
「そうなんだ。それは嫌な思いをしたね」
と答えてあげてください。

まちがっても、答えを導きだそうとしたり
「それは君が間違っているから」などと言ってはいけません。
女性はただ、話を聞いてもらいたいだけなのです。
彼女の話に真摯に耳を傾けている姿は、信頼と尊敬に変わり
愛情も生まれてくるはずです。

彼女が心の内を話してくれるようになったら、かなりあなたのことを信頼している証です。
共感するのなら、口下手な男性でもできるはずです。
「辛かったの」の答えは
「辛かったんだね」というように、オウム返しをすることによって
彼女は自分の話をしっかりと受け止めてくれる男性だと好意を持ちます。

自分の気持ちを分かってくれる男性なら、女性は安心してそばにいたいと
思うようになるでしょう。
くれぐれも問題解決に導くようなアドバイスはしないように。
共感力で彼女の気持ちをがっちりとつかんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です