恋愛できない事情の中に出会いの場がないという意見

男性のみなさんは今、彼女がいますか?

もし、いるのだとしたら、彼らはどのようにして出会ったのでしょうか。恋愛できない事情の中に出会いの場がないという意見がたくさんあります。今日はそんな出会いの場についてお話していきたいと思います。

今の彼女とは学校でであった人や会社で出会ったなど十人十色です。美容室で、ある女性のスタッフに髪の毛を切ってもらっていて、その人のことが好きになって彼女になるというケースも珍しくありません。

出会いの場がないという人は、実際に様々な出会うことのできるシチュエーションの中にいるのに、なかなか行動に移せていないだけなのです。つまり、日常生活において出会いの場はいくらでもあるということです。

恋愛ができない人は、そのことに気がついていないか、もしくは気が付いているけど行動に移せていない人が大半です。自分の行きつけのお店で働いている気になる人やアルバイト先でもっと話してみたい人は誰にだっているはずです。

今は恋愛感情がわかなくても、話していくうちにこの人と付き合いたいなという気持ちが芽生えてくるはずです。

出会いの場というと婚活パーティーが頭に浮かぶと思いますが、婚活パーティーに高いお金を出して行っても好きと思える人に出会えない場合や、好きな人ができて告白してもふられてしまうといった場合があります。

実際婚活パーティーは男女合わせて60人いる場合でもカップル成立できるのはそのうちの2~3組です。なので、婚活パーティーは出会いの場としては最高なのかもしれませんが、お金だけが出て行ってしまう人も少なくありません。

行きつけのお店やアルバイト、会社や学校にも出会いの場がないという人は、そういう出会いの場がありそうなイベントや行事に積極的に参加しましょう。

私の友人で有名アーティストのライブで今の彼女と出会ったという人はたくさんいます。彼らは全員口をそろえて言っていることは、自分から声をかけたということです。自分から声をかける習慣をつけないと、いつまでたっても恋愛はできないというのが結論です。

では、恋愛できない皆さんも今日から積極的に色々な人に声をかけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です