愛人女性が男に嫉妬する瞬間・行動(他の女や本妻を褒める)

男性に対して、嫉妬をする瞬間があります。
女性としては、平気であるように装っていますが、内心では嫉妬をしていることがあるのです。
(愛人女だって嫉妬するんです!)

そんな瞬間について、まとめてみました。

・本妻を褒める
奥さんを褒めるのは絶対にNGな行動。
こんなのは当たり前に感じるのですが、本妻と比べたり、アイツはもっと料理が旨いとか言ってくる愛人男性がいます。
また、奥さんの悪口を言いながらも結局はノロケてるときもあるので、奥さんの話題自体出さないほうが無難ですね。

・特定の女優やアイドルを褒める
テレビを見ている時に、そのアイドルや女優を見た時に、特別に褒めているところを見ると、嫉妬をします。
その女優やアイドルにかなわないと思っているのです。
叶うはずはないのですが、やっぱり同じ女性として、その男性に対しても、アイドルは女優に対しても嫉妬心をもつことになるのです。
そしてできれば、その女性たちを見たくないと思っているのです。
そのため、テレビ等を見た時に、褒めている姿を見ると、がっかりしてしまいます。

・町を歩いていて同じ年代の女性をみる
町を一緒に歩いている時、男性が同じ年代の女性を見つける、そして振り向く等を知ると、嫉妬をします。
違う年代であると、そんなに思うことはありませんが、同じくらいの年代であると嫉妬をするのです。
カフェ等でみることも、同じように嫉妬心を持っています。

・同じ職場の女性の話をする
同じ職場の女性の話を聞くのは、気持ちの良いことではありません。
上司であるとか、年の離れた女性である場合は、そんなに嫉妬をすることはありません。
しかし、明らかにその男性が、その職場の女性に対して、好意を持っていると、話の流れで感じた時、そのときは嫉妬心で煮えたぎっています。
職場の女性の話は、その付き合っている女性に対しては、禁句です。

・母親を褒める
付き合っている愛人男性が、母親を褒めるということを、そんなに気持ちよく思いません。
それは、女性が母親に対して、嫉妬心があるからです。
同じ年代の人と違うのですすが、その子供が母親を褒めるということが、嫌なのです。
むしろ、母親のことを褒めずにいるほうが、好意をもつことができます。
母親のことを男性がすきということは、わかっているものの、そのことを話されるのは嫌なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です