月別アーカイブ: 2016年1月

別れた相手(彼氏・愛人男性)の人が幸せになると悲しい

女性は、振られてしまった時、その相手に人に対して、なんとかしたいという気持ちをもちます。
その気持ちというのは、その相手の人を懲らしめたいということもあったり、自分をもっと素敵な女性と思わせたいという、気持ちもあったりします。
振られてしまった男性に対して持つ気持ちについて、まとめてみました。

・相手の人が幸せになると悲しい
女性の場合は、好きな人がいると言われて別れることになった時、その相手の女性と幸せになって欲しいという気持ちを持つ事はありません。
その女性と、不幸になればいいと思う人が多いのではないでしょうか。
男性の場合は、振られたとしても、女性に対して別れる時に幸せになって欲しい思って、その気持ちを持つ事があると思います。
しかし、女性の場合は、そのような気持ちを持つことは少ないのです。
それは相手の女性に対して、憎しみを持つことになります。
男性に対しても、同じようににくいという気持ちを持ちます。
そのことは、時間が解決をすてくれるのですが、その気持ちを抑えるのは、相当な時間をかけることになります。

・もっとキレイになってやると思う
女性は、男性に振られてしまった時、そのことを後悔させてあげたいという気持ちを持ちます。
そのため、その男性に対して、振った事を後悔させる事として、、自分が変身をしたいと思うようになるのです。
その内容としては、痩せたい、キレイになるように運動をする、環境を変える等、その悔しいと思う事を、そのようなエネルギーに変える事ができます。
そのことは、とても良い事ですね。
そして自分が綺麗になったりして変身することができたときには、その相手の男性の事はすっかりと忘れてしまっているということも、よくある話です。

・どうして振られたのか悩む
女性は振られた時に、どうして振られたのか悩む事があります。
そのため、相手の男性にその理由について聞きたいという気持ちも持っています。
聞くことができないと、納得をすることができないからです。

出合い系で現在地付近の女の子をGPSで探して出会う方法

男に生まれて来たからには多くの女の子と出会いたいです。
そして多くの女の子と遊びたいです。
そんなギラギラした野心を抱えて、出会うために色々な努力をしています。

まずは週末のクラブ通いは欠かせません。
木・金・土と三連チャンで行くこともよくあります。
エリアは渋谷か六本木です。
若くてかわいい女の子が集まる場所として鉄板ですね。
会社帰りにスーツ姿でそのまま直行です。
可愛いけどちょっと頭の弱そうな女の子の前だと、スーツ姿というだけでデキる男を演出できちゃいますね。

とにかく女の子に話しかけまくります。
その日に何もなくても、とりあえず連絡先だけは交換したいですね。
後日メールしてみて、返信が帰ってきて遊べちゃう女の子は多いです。
朝までクラブにいてちょっと休憩してそのまま会社に出勤なんてこともありました。
クラブ通いと並行してコンパもしょっちゅう開いてます。

相手の女の子は他の会社のOLとか、看護婦さんとか、女子大生が多いですね。
とにかくハイテンションで盛り上げて精一杯楽しませて、女の子に好印象を与えます。
連絡先の交換は当然マストです。
仮にその場に自分好みの可愛い女の子がいなかったとしても、その女の子の友達が可愛いかもしれません。
そうやってどんどん人脈を広げていくのです。

そして暇なときには出会い系サイトを巡回していますね。
これが一番お金がかからない出会いの求め方です。
ここにもヒマで寂しくてかわいい女の子はけっこうな数います。
今はスマホが流行って色んな出会い系アプリがあるので、本当に良い時代だなと思います。
現在地付近の女の子を探せたりしちゃいますからね。

最近はあまりしなくなりましたが路上ナンパも昔はよくやっていました。
独りでなんとなく寂しそうに歩いている女の子を見つけて声をかけるのです。
数打ちゃ当たるで、押しに弱い子がひっかかればラッキーです。
こうやって様々な方法を駆使すれば、一か月に何人かの女の子と一夜限りで遊べちゃいます。
でも、まだまだ物足りないです。
エネルギーの有り余る若いうちに、より多くの女の子と出会いたいです。

女性が嬉しいと感じる口説き方・アプローチ方法とは

[女性からのご意見]

私は女ですが、数々の恋愛教科書(自己啓発本など)を読み漁り、また自身も数々の恋愛経験をしてきたので、
女性をその気にさせる方法や、デートにこぎつけるまでの条件など様々なコツを書きたいと思います。

私自身納得していて「確かに私もこうされたら嬉しいかも」「こうされたら弱いかも」という方法に限定していきます。

1.とにかく積極的にアプローチ
基本的に、ポジティブでめげない人にはかないません。
よっぽど見た目が悪いとか、生理的に受けつけない、とかではない限り、何度も何度もポジティブにアプローチされたら女は「1回くらい…いいか」となります。
女性は、自分の好み以外の男性には基本的に積極的にはなりません。しかし、何度もアプローチされると「私のことそんなに好きなの?」と思い始めると、気がついたら女性のほうが夢中になってたりします。
しかし注意したいのは「決してネガティブにならないこと」
ポジティブに明るく、めげない姿勢、というのがポイントです。
それは女性に負担をかけないためなのです。
メリットのみを与えるように心がけてください。

2.まずは自分の話をして彼女に自分のことを話させる
自分のことをたくさん話したがる男性は多いです。
自分のことを好きな人にアピールしたがるので、自慢っぽくなってしまったりしがちです。
でもまずは、彼女に自分の話を聞き出すためにはどっちみち男性が先に話をしなければなりません。
女性は、よく知らない相手にいろんな話はしないのです。
分かりやすいのは、仲の良い友達同士の女性たちはカフェで何時間でもおしゃべりできますよね?
ということは、気持ちさえ許してもらえれば彼女は「自分の話を聞いてほしい」と思っているのです。

3.彼女が自分の話しをし始めたらとにかく聞く。とにかく肯定する。
彼女が心を許してきたら、彼女はどんどんあなたに自分の話をしてくると思います。
そうなったらもうほとんど、恋愛関係になれる距離感になっていると思いますが、ここが1番大事です。
彼女の話を決してさえぎることなく聞いてあげることです。
男性にとって「でもそれは~」とアドバイスしたくなるような内容も多い、愚痴のような会話になっても「うんうん」と必ず肯定するのです。

これを続けていけば間違いなく女性は、押されたら付き合うと思います。
なぜなら女性にとって大事なのは「安心できる環境」だからです。あとはあなたのその大きな胸で抱きしめてあげられれば完璧です。

完全に嫌われているわけではないけれど、なんとなく好きな女性と距離が縮まらないときや、初めて話しかける女性には、
とにかく積極的にアプローチをして、守ってやる!という大きな心で彼女を包み込みましょう。

デートプランが決められない男性はモテない。リーダーシップを持って欲しい

30代前半の美容部員して働いている女性です。
現在彼氏はいませんが、いずれ結婚はしたいと思っているので一応、恋活中です。

そんな恋活中の女子から男性に恋愛に対して、こんな風にしてほしいと言う気持ちをまとめました。

30代の女性は10代後半や20代の女性よりかなり理想が高くなったり、恋愛に対しても多くを求めていると思われがちですが、意外とそんな事はありません。しかしプライドや男性はこうあってあ欲しいと願う想いは男性より強くなっているかも知れません。
しかし、男性の30代~50代の恋活や婚活男性は女性に比べて、なぜか凄く臆病になっていく人が多いと感じるのです。
何でも女性の意見に合わせたり、自分の意見を主張しなかったり、一番これはやめてほしいな~と感じる事はデートプランが決められない(もしくはデートプランがまんまデートプラン特集や雑誌のコースのまんま)
それが分かると女性は一気に引きます。

デートをしたいと思うからにはその男性に多少は好意を持っている証拠だと思うのですが、デートを通じてどんな性格の男性か?どんな好みの(食べ物やショッピングの内容とか)男性か?それを見たくもあるのに、雑誌やテレビで見たまんまで自分の好みが何一つ入っていないプランでデートされたんではたまりません。。

多少、何?こことか、何この店?とか思うようなデートプランでもその人の好みや個性が見れた方が女性はいいのです。
ましては年齢がいっている女性はそれまでにも夜景がきれいなレストランや、名店には沢山行っている可能性があるので、無名のお店や、景色なんか見えなくてもその人が一生懸命考えたデートプランの方がかえってぐっと来ます。

そしてメニューを選んだりする際にも相手の顔色ばかり見てあわせるのはなく、自分はこれが好きだからこれを頼んでみたいけど、あなたも好きな物をどうぞ!そんな風に頼むのがベストです。

30代以上の女性はその人との生活を描いてデートをする場合が多いので、ある程度リーダーシップをもってくれて、かつ相手の気持ちも考えられる頼もしい男子を望んでいるのです。

是非自信を持って男らしく振舞ってみて欲しいです。
自信を持っていると必ずビッグチャンスが訪れますよ。