月別アーカイブ: 2016年2月

女性を口説くとき、女性の目の動きや反応で脈ありなしを見分ける方法

目は口ほどに物を言うなんて言葉がありまして、と落語みたいなスタートになりましたが、異性を口説く時の異性の目の話です。

男性も女性も、常に目は口ほどに物を言っているんですが、問題はそこをどう見分けるかということです。

わかりやすい人、わかりにくい人がいます。

まずはわかりやすい人の例です。

経験談にもなるんですが、とにかくじっと見つめてくる人ほどわかりやすいものはありません。

あなたが好きです!付き合いたいです!ということをとにかくじっと見つめることで訴えかけてきた子がいましたが、わかりやすい子の一例です。

恥ずかしがりながらもちらちらと見ようとしてくる子というのも好意をもっている表れであることが多いです。

照れ屋だったり、恥ずかしがり屋は好意をもつ対象を直視できないことが多いので、必死に自分なりの見つめ方をしているわけです。

逆に目線を外しっぱなしとか、他のことを見ていることが多い子は脈がないか、可能性が薄いといえます。

人間は対象が人に限らず、興味や好意をもっている対象は見つめることが多かったり、見つめたくなるということです。

女性の特権ともいえるかもしれない上目遣いなんですが、テクニックとして利用する女性がいることに注意しなければいけません。

といっても一般女性ではなく、キャバ嬢であったりお水系の仕事をしている人のテクニックであることが多いですが、可愛さアピールであったり、好感度を高めようとする際に用いる一般女性もいます。

そこに騙されて口説こうとすると、意外と相手はクールだったということもありますから、しっかりと判断しましょう。

わかりにくい人は目線や目の変化が少ないことがあります。

わかりにくいという場合はこちらが率先して相手の目の変化を追わなければいけないため、こちらが見つめたりして好意があるということを目で伝えていかなければいけない立場になります。

相手にいろいろと見透かされる可能性も高まりますが、それはそれで相手に自分の気持ちを伝える一つの手段ともなるので悪くないですし、口だけではなく目でも口説くということを意識してみてください。

男性も怒り出す女性が苦手なように、女性もいきなり怒り出す男性は苦手

女性は、付き合っている時、この人とは無理かもと思う時があります。
そんな二つの場面について、まとめてみました。

・女言葉になる
普段の言葉は、男性として話をしているのに、ふとした時に女言葉になる人がいます。
それは、びっくりしたときなどです。

そんな時、この人はもしかしたら、男性が好きなのではないかと思うことがあります。
男性としては、不意に出る言葉なので、そんなに意識をしていないかもしれません。

しかし、女性としては、その女性的な言葉をきいた時、ドン引きしてしまいます。
それは、本当に一瞬に覚めてしまうところですね。
また、お酒を飲んだ時に、おねえ言葉になる人もいますね。

その人も、もしかしたらおねえではないのかと思う疑問が生まれてしまいます。
オネエの人が好きという人もいるので、一概に全ての女性がそのような男性のことを、嫌と思うことはありません。
しかし、多くの女性は少し違和感を感じたり、不快な思いをもつと想像しています。

・いきなり怒る人
話をしている時に、いきなり怒り出す男性がいますね。
そんな時、やっぱり不安を感じてしまいます。

その気持ちは理解できるとしても、大人の行動として理解することはできません。
大人の男性として、自分の感情をきちんとコントロールして欲しいと感じます。
そんな時には、その瞬間に別れたいと思ってしまいますね。

それは、心がざわざわするからです。
癒しを求めて付き合っているところもあるので、いきなり怒り出す人は、付き合うことは無理と思ってしまいます。
付き合ったとしても、いつかは別れようと思ってしまいますね。

遊びなら、いいという気持ちになるかもしれません。
それは、いつでも離れることが出来るからです。

しかし、ずっと付き合っていくとなると、その空気になれることができるのかと思うと不安ですね。

男性も怒り出す女性が苦手なように、女性もいきなり怒り出す男性は苦手なのです。
感情をしっかり抑制して欲しいと感じます。

浮気相手に「配偶者と家庭内別居中」、「離婚を考えている」などと期待を持たせるような発言をしてはならない

近年、一夜限りの関係や大人の恋を楽しんでいる方が多くなりました。
独身の方はもちろんですが、既婚者の方も楽しんでいる方は多く居ます。
そこで既婚の方のスマートな遊び方について紹介したいと思います。

まず既婚の方は、配偶者に全てを知られてしまった時のリスクが大きいのは事実です。
携帯やパソコンなどの履歴を削除していたり、レシートを持ち帰らなかったりなど様々な工夫をして配偶者に知られない努力はしているかと思います。
中には知人や同僚に頼んでアリバイ作りを手伝ってもらっている方もいるかと思います。

しかし、いくら努力をしていても大人の関係になった相手が配偶者に自ら「そういう関係にあります」と言ってしまうケースもあります。
この場合は、遊んだ相手が本気になってしまった時に起こるようです。
しかし遊んでいる多くの既婚者はこのような事態を望んではいません。

離婚はしたくない、でも遊びたいという気持ちから一夜限りの関係や大人の恋をしているからです。
では、このような事態にならないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。
それは賢い方と遊ぶという方法が1番良いかと思います。

賢い方は配偶者にバラしてしまったら自分にどんなリスクがあるのかを十分に理解しています。
その為、いくら本気になっても配偶者にバラすというようなことはしません。

その他には相手に期待を持たせるような発言はしないというのが大事なポイントかと思います。
「配偶者と家庭内別居中」、「離婚を考えている」などと期待を持たせるような発言をする方が多く居ます。
相手に期待を持たせれば持たせるだけ、本気の恋に発展しやすくなります。

つまり期待させた分だけ修羅場になりやすい状況になります。
修羅場などにはならずにスマートな大人の恋を楽しみたい方は家庭の様子などを相手に話さないようにするのが良いかと思います。
帰宅したら家庭内は円満、外では配偶者にバレないように遊ぶというのが1番スマートで幸せな遊び方だと思います。