月別アーカイブ: 2016年6月

二度と関わりたくない、顔も見たくないと思ったのは話を聞かないタイプの男

私がかつて出会った男性で本当にだめだな、こいつとは二度と関わりたくない、顔も見たくないと思ったのは話を聞かないタイプの人です。

そもそも恋愛とは「自分の事を知ってほしい、だけど相手のことも知りたい」と思って初めて成り立つものです。

しかし最近は勘違いしている人も多いようで、彼女に居場所を求めている人がほとんどのように見受けられます。

つまり本当に彼女が好き、というよりかは自分の居場所を作ってくれる彼女が好き、になっているのです。

だからこそ今彼女が何を考えていて、何を思っているのか、ということをまるで微塵も考えていません。

いかに自分の話したいこと、自分の考えている事、自分がどうしてほしいかというのを理解してもらおうとして、自分の話ばかりします。

これを「言葉のキャッチボール」ではなく「言葉のドッジボール」と私は考えています。

もちろん私は一方的に飛んでくる言葉を必死にかわしつつ、時に受け止められるものは受け止めて返します。

しかし相手がそれをかわし、新しいボールを投げてくるとこちらとしてはまるで面白味を感じません。

会話がなりたたないのです。

そのうち聞くことすらうんざりしてきます。

挙句の果て全く自分の知らない世界の話をされるともううんざりです。

例えば全く知らないスマートフォンのゲームだったりとか。

こっちはやったこともないし内容を知らないのに一方的にここが楽しくて、それででもこの操作が難しいんだよね、なんて話されても「は?」ってなるだけ。

さらにもうデート中食事行った時にそのソーシャルゲームを始めた日にはキレそうになりますよ。

そういうところがデリカシーがなというか、気が遣えないなって思います。

どうしてもっと純粋に恋愛できないんでしょう。

単純の思いやりを持って相手が今何を思っていて、どうしてほしくて、どういう顔を持っているのだろうって考えてあげられないんでしょうか。

こういう人は「優しい人」とレッテルを勝手につけて怒ると急に裏切られたと喚き散らす。

冗談じゃない。

色んな顔を持っていて色んな表情を持っていて、それを色んな場面、色んな一面で見ていくのが楽しいから長時間共有するのでは?
そしてその色んな顔を見るための一つのツールとして「言葉のキャッチボール」があるのではと思います。

だからとりあえずちゃんとコミュニケーションをとりましょう。

愛人女性とのデートでは大人の男の余裕・気遣い・マメさに惹かれたい

男性を悩まされる愛人女性とのことでいうと、そのうちの一つに入ってくるのはデートでしょう。

いろいろ失敗をしてしまったという男性も多いはずですし、もしかすると愛人女性に駄目だしされたり、怒られたりした経験を持つ人もいるかもしれません。

なるべく失敗したくない場合、デートが成功しやすくなる方法をいくつか紹介したいと思います。

まずはリサーチです。

基本ですが、相手が好むこと、好む場所などを知らないと話になりません。

事前に話す機会があるなら相手の好き嫌いをしっかり聞いて頭に入れておきましょう。

その上でデートプランを構築していけば女性にとってハズレとなることはないはずです。

環境や事情によっては事前のリサーチが出来ない状況でデートになってしまうということもあると思いますが、その場合はデートをはじめてからリサーチをしていきましょう。

デートの最初で喫茶店で一呼吸おく間に好きなスポットなどを聞いて、そこからデートの行き先を修正するなり、決めるというのはいいでしょう。

ドライブデートの場合は車を少し走らせている間に海が好きか山が好きかといったことを聞いて、好きだという方や行きたいという場所に向けて車を走らせればOKです。

マメさが問われます。

マメな男が嫌われるということを聞いたことがありません。

細かい所に気を配れたり、気づいてもらえるというのは女性にとって大きなポイントですし、好感度も爆上げです。

しかし、このマメさというものが非常に難しいんです。大人の男の余裕を愛人男性には求めますよね。

話を聞かないで、女性の様子を見ているだけで疲れているとか、お腹が空いているとか、トイレに行きたいと思っているとか、そういうことに気付けると最高なんですが、難しいです。

山を張ることはいいと思います。

女性が思っていないこと、欲していないことであっても食事やトイレに関する勧めを適度にすることで女性からすれば好感度が凄く上がるということはなくとも、下がることはまずないでしょう。

ただ、あまりに頻繁に闇雲に聞くとウザいと思われたり、面倒だと思われることもあるので、一定時間を置きながら聞いてみたり、探ってみるといいでしょう。

当たり前なので触れませんでしたが礼儀は必要ですし、清潔感も必要です。

普段から礼儀がなかったり清潔感もない生活をしているなら、少しずつでも改めていくことが女性とお近づきになる近道です。